『フィードフォワード思考』 について